まる屋助産院メニュー
  • 広島で母乳育児の相談なら「まる屋助産院」(産前・産後ケア)トップ
  • まる屋助産院とは
  • 診療内容について
  • 料金について
  • ご利用までの流れ
  • お問い合わせ

母乳育児相談(産後ケア)

診療案内について
赤ちゃんがすくすくと大きくなるために、出来るだけ母乳で育てたい。まる屋助産院は、お母様と赤ちゃんに寄り添いながら、そのときに一番いい方法をアドバイスしていきます。
母乳育児相談(産後ケア)イメージ

産後ケアは特に母乳育児、乳房ケアや授乳指導などを相談を専門に行っています。
乳房ケアでは主に桶谷式とBSケアがありますが、まる屋助産院ではBSケアを中心とした考え方に基づいてケアやアドバイスを行います。

まる屋助産院では、お母さんにも赤ちゃんにも無理がなく続けられ赤ちゃんがすくすくと大きくなっていくことを一番に考えています。色々な方法がありますが、いつでもお母さんと赤ちゃんに寄り添いながら、そのときに一番いい方法をアドバイスしていきます。

こんな事でお困りではありませんか?
  • 母乳の出が少なくなった気がする。
  • しこりができた。痛みがある。
  • 赤ちゃんがおっぱいを嫌がる。
  • 赤ちゃんが吸着しない。
  • 大きなトラブルはないけど、このままおっぱいをあげても大丈夫かな・・・

など、色んなことで不安を抱えていませんか?

まる屋助産院の母乳育児相談(産後ケア)を受けられたお母様方から
「気持ちよくて、寝てしまった・・・」
「エステみたいだった」
「ケアを受けた後、赤ちゃんがゴクゴク飲んでくれる」
とうれしいお言葉もいただいています。

まる屋助産院の乳房ケアや授乳指導は、福岡の寺田恵子先生,浅野美智留先生が提唱されている「BSケア」の考え方に基づいたケアやアドバイスです。
「BSケア」では、「一番の乳房ケアは赤ちゃんに飲んでもらうこと」が基本になっています。

赤ちゃんに授乳をするとき、お母さんはとても幸せな気持ちで授乳をし、授乳後はすっきりします。赤ちゃんの飲み方をまねたら、痛くなく、気持ちがいいケアにつながるのでは・・ということから生まれた乳房ケアです。そのケアで、様々な症状に対応していきます。
BSケアを基本にした、お母さんや赤ちゃんにとって無理がなく自然な状態にもっていくことができているからこそ、実際にケアを受けられたお母様方から先ほどのような嬉しいお言葉もいただけていると思っています。

また、BSケアはお母さんの乳房ケアだけでなく、おっぱいの飲ませ方(抱き方、ふくませ方)も重要と考えています。せっかく飲ませていても、浅い吸着のために十分な量が飲めていなかったり、傷になってしまったりというケースも多くあります。
まる屋助産院のBSケアでは実際の授乳を見せてもらい、おっぱいの飲ませ方もお伝えしています。

状況によっては、直接授乳をあげないとダメ、ミルクをあげたらダメということはないと思っています。もちろん母乳がいいに決まっている。ですが、なんらかの事情でできない方もいらっしゃいます。
少しでも母乳をあげたいと思っていらっしゃるのなら、その思いを大切にした母乳育児のアドバイスもしていきます。

おっぱいに関するトラブルや悩み、そしていつもがんばっている乳房へのケアなど、なんでもご相談ください。

安芸太田町という土地柄なので、里帰り中にまる屋助産院でケアを受け、自宅に戻られて引き続きBSケアを受けたい場合など、BSケアは全国に広がってきています。BSケアのネットワークを通じて、ご自宅の近くでBSケアを提供できる仲間を紹介いたします。

BSケア(乳房ケア)経歴

2010年 BSケア ベーシック・アドバンスコース、発展セミナー受講
2011年 極みAコース受講
2012年 極みBコース受講
2013年 個人研修受講
2014年 BSケアプレゼンター 任命

赤ちゃんの沐浴について
赤ちゃんの沐浴の写真

産後、お母さんと赤ちゃんの毎日の最大イベントは沐浴ですね。 まだ小さいとはいえ、3キロ近い赤ちゃんを一人で沐浴するのは大変です。どなたかと二人ぐらいでされている方も多いと思いますが、大変な方はお手伝いをします。また一人でも比較的に楽にできる方法もお伝えします。

沐浴は「毎日しないといけない!」と頑張っている方も多いと思います。でもお湯に浸かるのは、お風呂好きの日本だからかもしれません。

バングラデシュでは、石鹸やお湯を使わずにオイルでからだをマッサージするようにこすってタオルで拭いていました。日本でいうベビーマッサージみたいでした。

アメリカではお臍が取れるまでは、お湯につけてはいけないということで、からだを拭いて終わりでした。

お湯につけなくては!と思いがちですが、赤ちゃんをきれいにする方法は様々です。
かと言っても、やはりお湯にはつけてあげたいですよね。でも自分が疲れて、余裕がないのに無理して入れなくても大丈夫です。その日の赤ちゃんや自分の体調と相談しながら、行ってくださいね。

まる屋助産院への、お問い合わせはこちら
まる屋助産院への、お問い合わせはこちら

母親学級・妊婦指導(産前ケア)、母乳育児相談(産後ケア)、育児相談、食事・生活相談などから、自力整体やマクロビオティックスの食事のことなど、お気軽にお問い合わせください。

  • tel.090-2290-0912
メールフォームからの各種お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • 各種診療のご予約